賞状書士の資格、求人、仕事

実用的な賞状書法の技術が身に付く! ⇒がくぶんの賞状書士講座

賞状書士とは

賞状書士という言葉を、何か資格をとってスキルアップしたい。

とユーキャンやがくぶんなどの通信講座を見て聞いた事があるのではないでしょうか。

また、賞状書士ってどういう仕事なのか、求人はあるのか、報酬や給料はどうなのかと気になった人もいると思います。

賞状書士とは、賞状や感謝状、名札、式次第、祝辞、ポスター、のし紙、あて名書きの筆耕をするお仕事。

 

賞状書士の活躍の場は官公庁、一般企業、デパート・スーパー、印刷会社、イベント会社、学校・団体、ホテルなどになります。

現在はパソコンやワープロの発展もあり、手書きで賞状などを書ける人が少なくなっているようです。

やはり、心のこもった手書きの方が良いとも感じます。そんな時に賞状書士の技術が役立つ訳ですね。

賞状書士の求人、仕事内容、通信講座などについて紹介しています!

賞状書士の資格を取るには?

賞状書士の資格は日本筆耕技能協会が認定する民間資格になります。

日本筆耕技能協会主催の技能認定試験を受け認定される形。

日本筆耕技能協会の賞状書士には1〜3級まであり、まずは3級から受験します。

2級の試験は3級の合格、1級の試験は2級の合格が必須です。

賞状書士認定試験の受験を希望する場合は、「受験願書」に必要事項を記入・捺印し受験料3,150円を添え現金書留で申込みすると、試験課題を送ってくれます。

その後、認定試験の審査をして合否を判定してくれます。

賞状書士認定試験合格後は1級31,500円、2級・21,000円、3級10,500円の賞状書士技能認定証の交付料金を送付すれば希望者に認定証を交付してくれうそうです。

認定証は、賞状書士としての証明になり、活動の場を広げるために役立つとありました。

 

参考にどうぞ!⇒がくぶん賞状書士養成講座

賞状書士の求人、仕事

賞状書士の技術を活かせる仕事、求人状況などを調べてみした。

正直、賞状書士の求人はほとんど無いと言ってよいかもしれません。

賞状書士として独立して生計を立てる事もちょっと難しいかもしれませんね。

通販で賞状を賞状書士が手書きで書いた事をアピールして販売したりするので、自分で手書きの賞状通販業などを手掛けてみるのもアイデアとしては面白いかもしれません。

ただ、賞状書士の技術が役に立たない訳ではありません。

地域のコミュニティや職場・学校などでの賞状、感謝状、式次第、宛名、席次などを作る時手書きの良さをアピールする事ができ、喜ばれる存在になるでしょう。

また、祝儀袋や手紙の宛名書きなど日常生活で役に立ちます。

字が綺麗であったり、書道ができるというのは知的に見えたりするのでプチアピールできますね。

 

賞状書士の求人を探す時は注意も必要です。賞状書士の資格を取ればお仕事を紹介しますよ!

という資格商法とい手口の業者も少なからずあるようです。

空いた時間に在宅の仕事で高収入などの甘い謳い文句や、残り何名などと入会をせかす業者には注意が必要です。

賞状書士はあくまでボランティア的に活動して、場合によっては報酬も得られる程度と考えられるかもしれません!

賞状書士の技術を学ぶには通信教育が便利

賞状書士の技術を学ぶ為にはがくぶん、ユーキャンなど通信教育の利用がお薦めです。

ユーキャンでは賞状書法講座を、がくぶんでは賞状書士講座を開設しています。

楷書を基本に、さらに読みやすく整えた字体が賞状文字で、充実したテキストで賞状書士の技術を学ぶ事ができます。

がくぶんの賞状書士講座には就業の手引きがついています。

賞状書士の技術を活かして仕事をと考える場合の参考になるはず。

賞状書士に興味を持った場合は、ユーキャン、がくぶんなど資格通信講座で請求できる無料の資料で検討してみると良いと思います。

 

参考にどうぞ!⇒がくぶん賞状書士養成講座